Game Life Company

Game Life Companyの社長が運営する雑記です。

PUBGが重いカクカクすると感じた時に買い替える必要があるパーツについて

f:id:gamelifecompany55:20180311052244j:plain

 PUBGが重くて思ったようなプレーができないと悩んでいる人も少なくないと思います。
そこで、どこのパーツを買い替えるとPUBGの動作が軽くなるか簡単に説明していきたいと思います。

 

まず、お金のかかる順に並べると

CPUの変更>GPUの変更(高性能でないもの)>メモリの増加

だと思います。

 

できるだけ、値段の安いものを紹介していきます。

 

CPUを買い替えると、マザーボードやメモリまで買い替える必要が出てくるからです。
考えるべきは、何が足りていなくて動作が重くなっているかになります。

 

 

金額の少ない順に見ていきましょう。
PUBGはメモリが少なくとも8GB必要で、理想は16GB以上です。もし、8GB未満ないし、8GBである場合には、メモリを増やすことで動作が軽くなると考えられます。
8GBだけですと、PUBGだけでメモリの使用量がいっぱいになり
ほかのアプリやブラウザを開くだけで重くなります。

メモリを増やす場合は、マザーボードの規格に合ったものを選びましょう。

 

 

次に、値段の張るGPUです。
GPUはコストパフォーマンスにすぐれるgtx1050ti 4gbぐらいの性能があれば、問題なく動くかと思います。
もし、ベンチマークのスコアがgtx1050tiよりも低いものを使用しているのであれば、GPUを変更することでPUBGのFPSの向上が見込めます。

玄人志向 ビデオカード GEFORCE GTX 1050Ti搭載 グラフィックボード GF-GTX1050Ti-4GB/OC/SF
 

 

次に、CPUの性能不足でPUBGの動作が重たい場合、最もお金がかかり
CPUとマザーボードを変更し、最悪、メモリの変更も必要になるかもしれません。
DDR3とDDR4の両方のメモリが使えるマザーボードも販売されているため、そのマザーボードを買い、CPUを変更するのも手です。

 

ASRockマザーボードMicro ATX ddr4?h170?m pro4

ASRockマザーボードMicro ATX ddr4?h170?m pro4

 

 

 

大体、このような変更でPUBGの動作が軽くなるのではないかと思います。

パーツを買い替える場合、しっかりと規格を確認し
追加でコストがかかるような問題にならないようにしましょう。