新作バトルロワイヤル Apex Legendsの紹介 クロスプレイは可能か?必要スペックなど

▶最大80%オフ AMAZONタイムセール中

f:id:gamelifecompany55:20190206190549j:plain



ダウンロードPC
www.ea.com

ダウンロードPS4
store.playstation.com

ダウンロードXbox
www.microsoft.com


新作バトルロワイヤル Apex Legendsの紹介

Apex Legendsは「タイタンフォール2」から30年後の世界を舞台とした、これまでのバトルロワイヤルに独自のアイデアを加えたゲームである。
提供プラットフォームは、PC/PS4/XBOX Oneで提供され、基本プレイは無料になっている。

2019年 2月4日に「Apex Legends」のリリースを発表し、2月5日には、100万人ものユーザーを獲得したと「Apex Legends」の提供元のRaspawnは発表した。

タイタンフォール2から、30年後の世界が舞台となっているが
ロボットである「タイタン」は存在しない。壁走りなどの操作も不可

現在、SOLOやDUOなどはなく
3人1チームでマッチする。合計20チームが最後の生き残りをかけて競う。

公式トレーラー
www.youtube.com



クロスプレイの有無について

現段階では、クロスプレイは実装されておらず
同一のプラットフォームのみでのプレイになる。しかし、Raspownの方針として
今後、他のプラットフォームのユーザーともプレイ可能になるように実装する予定であることを発表している。

クロスプレイ実装時の他のプラットフォームとの連携は難しいとのこと

他のバトルロワイヤルとの違い

操作するキャラクターに特殊な個性(現在8名のキャラクター)があり、そのキャラクターの組み合わせにより戦術の幅が広がることだろう。
さらに、シーズンが決められており
今後、新たなキャラクターが増えることもアナウンスされている。


また、これまでのバトルロワイヤルと決定的に違う点は

1回、死んでも
リスポーンできる点である。他のチームメイトが生存しており
特定の条件を達成することで、リスポーンしてゲームを再開することができる。

この仕組みにより、負けてからの暇な時間が少しでも減少するだろう。



そして、敵自体にスポットすることが可能なため
より簡単に報告ができ、ストレスレスにプレイすることが可能になる。



より、動画で分かりやすくまとめているTIEのRuさんの動画を紹介します。
www.youtube.com


ダウンロードについて

PC
www.ea.com
Origin のアカウント作成が必要になります。


PS4とXboxについては
それぞれのショップで検索することで、「Apex Legends」をダウンロードできます。

必要なPCスペック

www.ea.com

視野角の変更70~110まで変更可能


「Apex Legends」必要動作環境
OS: Windows 7 64ビット版
CPU: Intel Core i3-6300 3.8GHz / AMD FX-4350 4.2GHz
RAM: 6GB
GPU: NVIDIA GeForce GT 640 / Radeon HD 7700
GPU RAM: 1GB
ストレージ: 30GB以上の空き容量
Apex Legends 推奨動作環境
「Apex Legends」は必要環境を満たしたPCで快適にプレイすることができますが、滑らかな60fpsのフレームレートで最高のプレイ体験を楽しむためには推奨動作環境を用意する必要があります。

OS: Windows 7 64ビット版
CPU: Intel i5 3570Tおよび同等品
メモリ: 8GB
GPU: Nvidia GeForce GTX 970 / AMD Radeon R9 290
GPU RAM: 8GB
ストレージ: 30GB以上の空き容量


こちらもどうぞ
www.glco.xyz