Apex Legends が配信でカクツク問題について

f:id:gamelifecompany55:20190206190549j:plain

Apex Legends が配信でカクツク問題について

無料ゲームで話題の「Apex Legends」ですが、OBS stdioを使用して、配信する際に

ゲーム内FPSと配信のFPSが急激に下がる現象がちょくちょく発生しているみたいなので、配信またはゲームがカクツク原因について説明していこうと思います。

 

 

なんでカクツクのか?

フレームがドロップしたり、フレームの遅延によりOBSのカクツキが発生しているとおもいますが

公式から簡単なQ&Aが出ていますので、そちらを合わせてご確認ください。

github.com

 

簡単にまとめますと、使用しているPCパーツのどれかが過負荷になっているため

処理が追いつかないため発生している問題になります。

 

どこのパーツが過負荷になっているかは、タスクマネージャーをみるなりすると確認することができます。

 

 

OBSは2種類のエンコーダを選択することができます。

*ハードウェアエンコード

*ソフトウェアエンコード

 

どちらを選択しているかは、OBSの設定をみると確認することができますが

ソフトウェアエンコード(CPU)を使って、Apex Legendsをプレイしてカクツク場合は、ソフトウェアエンコードに変更してみる。または、OBSの設定を落としてみるなどの対策が必要です。

 

ハードウェアエンコード(GPU)を使っているならば、Apex Legendsのテクスチャ設定を下げた方がいいと思います。

 

 

どちらを使って配信しているにしても、カクツクのであれば

過負荷になっていると考えられますので、妥協できる部分を見つけてより処理を軽く行えるようにする必要があります。

 

 

他の問題点

カクツク原因はだいたいわかったと思いますが、

どこでその処理が行われているかが問題で

 

一番の問題は、まだ十分に「Apex Legendsが最適化されていない」とことです。

 

そのため、GPUやCPUの処理の割り当てがガバガバで、PCのリソースを余分に使ってしまうため、OBSと処理が競合して過負荷になってしまっているという状態です。

 

 

最適化されるまでは、CPUやGPUの処理を制限する必要があり

垂直同期やフレームレートの制限を行い、処理の制限をすることができます。

 

Apex Legendsでは、垂直同期の「トリプルバッファ」や「適応型」がオススメです。

 

 

起動オプションも不安定?

Originの起動オプションも不安定で設定が反映されないことがあるみたいですね。

FPS値の制限をなくすコマンドやフルスクリーンで起動するコマンドを打っても反映されないので、まだうまくいっていないようです。

 

すぐに、最適化されるはずなので

アップデート情報を逐次確認していきたいです。

解決方法について

1つ目の解決方法:垂直同期を入れる。

ゲーム内の設定にある

垂直同期を「トリプルバッファ」または、「適応型」を使用する方法です。

これによりFPS値を制限します。

 

これだけでは解決しない場合は、解決方法2へ

 

2つ目の解決方法:nvidia spectorを使用してPCリソースを制限する。

OBSの公式ツイッターとユーザがこのことについて議論の中で提案された方法です。

 

 

 

 

  • Nvidia Profile Inspectorをダウンロードする。
  • プロファイルから「Apex Legends」を選択する。
  • フレームレートリミッター「90fps (V2)」を選択して、変更を反映すると完了します。

 

 

これらの方法について

ツイッターで分かりやすく解説されていた方がいるので、ツイートを引用させていただきます。

 

一番効果があった方法がこの方法です。

それでもカクつく場合は、PCの性能を上げるかApex Legendsが最適化されるのを待つ必要があります。