他人に甘く、自分にも甘く

GLCOの社長が運営する雑記です。

記事のインデックスとインデックスされたことを確認する方法

f:id:gamelifecompany55:20180924014948p:plain

[はてなブログ]記事のインデックスとインデックスされたことを確認する方法

記事をインデックスする方法

  1. Fetch as Googleを利用して記事ごとに行う
  2. サイトマップを送信して、サイト全体をインデックスする

1のFetch as Googleは記事を新しく更新した時に、その記事のみインデックスしたい場合などに利用します。サイトマップを更新するようもインデックスする速度が早いです。

 

2のサイトマップの送信はブログのXMLフォルダを送信することで、サイトのインデックスをまとめて行うことができます。Fetch as Googleによりも更新速度は遅いですが、まとめてインデックスしたい時にはとても便利です。

 

Fetch as Googleでのインデックスの方法

https://www.google.com/webmasters/tools/home?hl=ja

 

サーチコンソールを開きます。


プロパティの追加がまだの型はプロパティの追加を行ってください。

www.tkd-wanderer.com

 

サーチコンソールを開き、クロールの中にある「Fetch as Google」を選択します。

 

f:id:gamelifecompany55:20181206110440p:plain

 

次に、

f:id:gamelifecompany55:20181206110752p:plain

インデックスしたいページのURLを選択して、「取得」または「取得してレンダリング」をクリックします。

 

f:id:gamelifecompany55:20181206110920p:plain

最後に、「このURLのみをクロールする」か「このURLと直接リンクをクロールする」のどちらかを選択して送信します。

直接リンクもクロールすると繋がっている複数のリンクもインデックスされます。

1日にインデックスできるURLの個数が決まっているため、何度もリクエストを送信するとエラーが表示されます。

 

はてなブログのサイトマップの送信方法

f:id:gamelifecompany55:20181206110757p:plain

Fetch as Googleと同様に、サーチコンソールから「サイトマップ」を選択します。

 

f:id:gamelifecompany55:20181206111540p:plain

サイトマップの追加/テストをクリックして、画像のようにサイトURLの末尾に”sitemap.xml”を追加して送信します。

 

サイトマップの送信処理は以上です。

 

インデックスがされたことを確認する方法

次のサイトを利用します。

stratage.ms

 

 

インデックスしたか確認したいページのURLをリストに入力して、”インデックスの有無を一括チェック”をクリック

f:id:gamelifecompany55:20181206112030p:plain


画像下部のように、インデックスの有無がわかります。

もし、インデックスがされていないことがわかれば、そのURLをFetch as Googleで再送するなどすることで、インデックスリクエスを送ることができます。